ピーコのひとりごと

ひとりごとの体で語りたいことを語ります。

山ちゃん

山ちゃん、23歳のお誕生日おめでとう!

山ちゃんはJUMPのセンターの子って印象だった。真夜中のシャドーボーイのMVが何故か結構好きで良く観てたんだけど(まあ多分「シャドー」が面白かったんだろうねww)、歌割り多くて良く映るなーという文字通り立ち位置的な意味での把握であって、その当時はそれ以上興味を持つことはなかった。茶の間を続けてる中で初めて山ちゃんに注目したのが音楽番組でのスパデリの足さばき!サビの「大丈夫と笑ってくれた」の振りのところ。キレッキレじゃん、凄く好きなダンスだなと思った。それ以降JUMPはダンスを結構期待して観たりはしてた。同時に演技もなかなか良いと聞いていたので、金田一少年の事件簿に決まった時は凄く嬉しかったのを覚えている。でも、私が山ちゃんに本当の意味での興味が持てたのは、1万字インタビューを読んだ時だった。以前のエントリーでJUMPに興味を持って最初にしたことは音源レンタルって書いたんだけど、実際は動画観たりネットでブログ漁ったりした方が先で、その時に読んだ山ちゃんの1万字インタビューが余りにも深く刺さり過ぎて気になる気持ちが加速したんだよなぁ。別にテキトーにアイドルしてるとは思ってはいなかったけどこんな覚悟で芸能の世界に身を置いてるとは正直想像していなかったし、芸能ゴシップ記事で散々読んだ裕翔くんとの関係についてももう涙なくしては読めなくて、この人は色々な意味で凄く大きな重い荷物を負ってるんだなと思った。勿論JUMPファンになって以降は違う一面もあるのを知った訳だけど。
ということで、そんな山ちゃんについて今思うことなどを。

まずは歌唱について。正直(特に歌番組については)口パク率が高いJUMPにおいて、生歌ってだけで私は評価できる。言うまでもなくJUMPはダンスが武器であのダンスのクオリティを維持しつつ歌を歌うのが難しいのは百も承知なんだけど、ジャニーズが一般層に非難される一因に口パクがあるのでできれば減らしていって欲しい所存なのです。だから生歌頑張れ!山ちゃんの声は凄く湿度が高い。伸びも良いと思う。ピアニッシモな入りも上手い。ラウドにすると少し密度が下がるのが気になるかな。表現は技巧派寄り。以前に雑誌の取材でビブラートがかけれるようになったって答えていたのには凄くホッコリしたのを覚えている。貪欲に技を身に付けてもっと色んな歌を歌えるようになって欲しいな。サックスはカウコンで初めて聴いたんだけど、うーん、最近練習してる?って思っちゃったな。忙しいのは百も承知(本日2回目)だけど、山ちゃんもやるからにはちゃんとしたクオリティのモノを披露したいはず。楽器は1日触らないだけで3日分技術が後退するって言われてるからね。まあ、楽器やってない人にとってはどーでも良いことなんだろうな、コレww

山ちゃんと言えばダンスー!CARコンDVDだと、RWMの歌い出し直前のターンして指を前下前ってする所のドンピシャのハマり具合とBDSの歌い出し直前のノールックのバックな!あのテンポ感!!本人はJr.のころ沢山練習したって言ってた(勿論その成果もあると思う)けど、元々のセンスが高いんだと思う。私はダンスにはキレの良さを求めてしまうからだけどやっぱり文句なしにJUMPのダンス曲のセンターは山ちゃんだわーって思ってる。ただキレが鋭過ぎてしなやかさや優美さが少し霞むのでその辺りが備わるともっと表現の幅が広がるんだろうな。そろそろダンス曲が欲しいんですけど、まだですかね?

演技については、山ちゃん出演作多数にも関わらず私がちゃんと観たのは上でも少し触れたけど、金田一少年の事件簿からなんだよなぁ。元々ドラマを殆ど観ない私が金田一は好きだから観たんだけど、もう期待通りで山ちゃんが襲名してくれて良かったな〜って凄く思った。でも金田一に関してはコンテンツ自体の魅力の方が大きくて山ちゃんの演技がどうのこうのは感じなかった。やっぱり凄いわと思ったのは24hテレビのドラマとグラスホッパーの蝉。24hの方はどちらかと言うと親側に感情移入したんだけど、それでも山ちゃんの演じる主人公の苦しみが凄く伝わってきて身体が震えるくらい泣いたなぁ。蝉は、あれだけ異質なキャラクターなのに、物語の中で浮きもせずかと言って沈みもせずギリギリのバランスで成り立ってたのがまず凄いと思った。台詞もそんなに多くはないのに表情や仕草で、蝉ってこういう奴なんだってのが分かる。静でも動でも狂気の表情上手いよね。アクションシーンは言うもがなスピード感溢れてて、大御所俳優と対等に渡り合ってるよ・・・!って震えたわ。これは新人賞貰えるでしょ!と思ったらまさかの暗殺教室での受賞で正直少し残念だったけど、存在感の薄い主人公って演じるの凄い難しいだろうな〜結局後編大号泣だったしな・・・と思い至りました。今はまだ公式発表はないけど噂の作品が観れる日が来るのを今か今かと待っております!!

さて、私が山ちゃんのおたおめで書きたかったことについて。2つあって1つは裕翔くんとの関係なんだけど、これは裕翔くんのおたおめで書こうかなと思う。もう1つは、(確か)去年末くらいのオリスタのインタビューにて語ったある言葉について私の思うこと。
このまま書きたいんだけど確実に日付が変わってしまうので、ここで1回切ります。
ごめんね、山ちゃん!

*************************

調べたら正確には去年の8月末で、私は未購入なのでニュアンスなんだけど、"以前は皆の自覚のなさにイライラしたこともあった"という旨の発言をした件。各々担当さんによっては異議もあるかもしれないけど、その時点でファンでない人にとってはだろうねと納得できるんだよな。どう言ったところで山ちゃんの印象しかないんだもん。まぁテレビなり雑誌なりで注目されるのは正直事務所や大人の事情が大きい訳でメンバーも何も考えてない訳ではなかっただろうから山ちゃんも子供だったんだろうとも思うけど、グループをもっと大きくもっと上にと思ってもなかなか芽が出ない中必死で仕事をこなし首が上がらなくなってもステージに立ち続けた山ちゃんから見れば他のメンバーが呑気に見えたのかもしれないし許せないこともあったんだろうな、と思ったり。それでもソロデビューが決まって本当なら苦労が報われたラッキー!って思っても誰も責めないであろう時ですら悩んだって言うんだから山ちゃんのグループ愛もといメンバー愛って凄まじいよな。それでここからが本題なんだけど、この一連のエピソードを読んだ時直ぐに浮かんだのが山Pのことだった。(※ここから山ちゃんのおたおめにも関わらずNEWSの話になってしまうし、山Pを非難する旨の発言も含まれますので、各自ご判断くださいませ。)
山ちゃんはJr.時代にJJEのちびっ子チームに所属はしていたようだけど、JUMPがほぼ初めて所属したグループと言って差し支えはないと思う。一方山PはFour Topsと言う次の注目株としてJr.内グループを組んでいた。メンバー間の絆やそのグループでのデビューへ対する思いは違って当然だとは思う。それでも2人は共にデビューしたグループのセンターであることに間違いはない。グループの顔として活動していく中でお互いに他のメンバーの自覚のなさにイライラしたこともあっただろう。なのに何で、山ちゃんはメンバーと共に歩く道を選んだのに、山PはまるでNEWSが売れないのは他のメンバーのせいだと言わんばかりに切り捨てたの?確かに後にメンバーが語っているように実力不足努力不足はあったかもしれない。それでも何故それを活動していく過程の中で待つことができなかったのか、あれだけグループの顔として売ってもらっておいてソロが良いですなんて余りにも身勝手ではないか、NEWSが好きになれなかった言い訳にしか感じない。合わない人でも10年15年と居れば馴染んでくるものだし、自分の力に気付いたり発揮できたりするのに時間が掛かる人だっている。結局私個人としては4人のNEWSに魅力を感じたからファンになったんだし良いんだけど、この出来事さえなければもっと早く彼らの目指すテッペンへ行けたのにと歯がゆく思うことがある。時間が解決することだって沢山ある。何故待てなかったのか。これが山ちゃんと山Pの違いだと思う。先に述べたようにメンバー愛の大小があったことは仕方ないと思う。けれど山ちゃんはイライラしながらもメンバーが追い付いてくるのを待って、そして漸く全員が横一列で大輪の花を咲かせる一歩手前まで来た。よく耐えたね、よく頑張ってくれたね、まだ若いJUMPのエースをめちゃくちゃ褒めてあげたい。

最後に少し気になることを。バラエティの時、顔がかなり強張ってる。面白いこと言おうと思って言葉がキツくなり過ぎたり。観ていてハラハラすると言うか損だなぁと思うこともあるからそろそろ肩の力を抜いて周りに任せてみても良いかかもよ?

JUMPがこれからもっと有名になってメンバー其々が認知されても、やっぱりJUMPの顔は山ちゃん。適度にオトボケ出しつつキメる時はキメる山ちゃんでいてね。

"やまほめ" メンバー愛No.1の絶対エース

君の未来に幸あれ!