ピーコのひとりごと

ひとりごとの体で語りたいことを語ります。

薮くん

薮くん、26歳のお誕生日おめでとう!

光くんの時にも書いたけど、私の世代のジャニーズに詳しくない人でも分かるのが薮くん。ほんのり茶の間だった私は詳しい記憶はないんだけど、それでもJUMPのデビュー時には薮くんやっぱ入ったかーって思ったのは覚えてる。JUMPが歌番組出て山ちゃんが抜かれまくってても薮くんの声が聞こえるとやっぱ歌唱メンなんだなーって思ったり。

薮くんというと私は作詞が浮かぶ。私がJUMPのファンになったきっかけはいのちゃんなんだけどオチれたのはアルバム「smart」の楽曲群で、その中でも「切なさ、ひきかえに」には凄く驚かされた。決して声が太い訳ではないけれどよく響くよく伸びる声で安定感抜群だった。そして子どもだと思っていたのに、いつの間にこんな切ない歌詞を書けるようになったの!?当時も言われていたことだけど、妙に湿度のある、要はリアル感のある歌詞世界だよね(笑)そのせいで抜かれた時結構話題になってこの楽曲が封印状態に陥ったんだと思うけど。

ちなみにこの流れで書いちゃうけど、私はアイドルの恋愛は全く気にならない人で(まぁ歳のせいもあるだろうけど)、相手はいて当然だと思ってるしリア充して欲しいと思ってるけど、頑張って明るみに出ないようにはして欲しい。相手を見たくないとかじゃなくて、相手が発覚したせいで例えば歌割が減ったり露出が減るみたいなペナルティが発生するのが寂しいから。結局彼らの自由を奪ってる事実に変わりはないんだけど、そこはホラ私も消費者だから(笑)

話を戻すけど、薮くんはJUMPの中の唯一の大人だと思う。いや他のメンバーも大人なんだけど、薮くんは精神的に完全に大人って感じがする。そんなに詳しくもない私が断片だけ見て語ってるのも可笑しい話だけど。ニコニコおじさんだとか言ってるけどその実良い意味で冷めてると言うか達観しているように見える。具体性に欠けてるけどそれはこれから確認していきたい。

後は直近の感想としてカウコンの煽りには本当に驚いた。確かにMC時にはやぶひかでメンバーを挟んでトークを回すとは聞いたことあったけど、誤解を恐れずに言えば、この人こんなに必死になるんだって思った。先にも書いたけど冷静な人だと思っていたから。確かにカウコンハイも手伝っていたのかもしれない。でも煽りの一言一言に関西を任されてる、今回を成功させなければ後がないとでも言うような気迫を感じた。2015年のJUMPの大躍進のメインではなかったかもしれないけど、誰よりも長いキャリアの中で今が勝負の時だって声を上げられるリーダーにJUMPの未来は明るいなって頼もしく思えた。

あと私は特別薮くんの声が好きな訳ではないんだけど(なんなら担当のいのちゃんもシゲも好みではないww)、CARコンのUNION、カウコンのChikuTakuがそれぞれの私的ベストパフォーマンスだったのは薮くんの歌唱なしでは考えられない。音源を遥かに超える爆発力だった。勿論周りのメンバーとの共鳴もあるんだけど、これはもう歌唱力云々の問題ではないと思う。これからもっと沢山の楽曲に出会うんだろうな、どんな歌を聴かせてくれるのか楽しみ。

なんか話が右往左往してしまったけどそろそろまとめ。
"やぶほめ" その声でJUMPを導く屋台骨

やぶひかとやぶいの、この三角関係(笑)がとても興味深い今日この頃。

君の未来に幸あれ!