ピーコのひとりごと

ひとりごとの体で語りたいことを語ります。

NEWS楽曲 #にゅすほめ

この記事は、@shikishaa様主催の #にゅすほめ Advevt Calendar 2015 に寄稿させて頂いております。

#にゅすほめ Advent Calendar 2015 - Adventar

私はNEWSに出会うまで、かれこれ15年近く応援しているアーティストがいた。その人は私が思う歌手の3大要素【音程・音質・音量】(それに加えて【表現力】)を見事に兼ね備えていて、この人の歌を初めて聞いたとき、この人は一生付いていける人だ、と確信した。今では頻繁に聴くことはなくなったが、新譜は必ずチェックしているし、歌番組で観れば相変わらずのパフォーマンスにいつも満足させられる。

ただ、全曲空で歌える位聞き込んだこの人の歌詞の内容には全く興味がなくて、歌詞は分解されたひとつひとつのオトやリズムとして楽しんでいる感覚だった(ちなみにこの人自体は作詞作曲はほとんどしていない)。他のアーティストの歌詞も同様で、歌詞の内容は理解はできるけれど共感はまずしなかった。

そんな私がNEWSにハマった。ビジュアルそのものやドラマ・バラエティーで見せる姿にではなく、NEWSの歌にだ。歌詞が響く、こんな経験は初めてで、JUMPとの掛け持ちを始めるまでの半年間、歌番組など不可抗力で聞こえてきてしまう時を除いて、NEWSの歌しか聴かなかった。iPodの中をNEWS以外全て消して聴き込んだ。カラオケで歌うために覚えたいとかではなくて、兎に角この人たちを知りたかった。勿論、強烈に惹かれたのはNEWSの辿ってきた歴史が反映されている楽曲たちだけれど、9人、8人時代、6人時代の歌にもメッセージが溢れていて、歌に助けられるなんて経験をしたのも初めてだった。前々からNEWSは歌詞が良いよとは聞いていたけれど本当だった、なんでもっと早く出会えなかったのかな、って少しだけ後悔。

さて、前置きが長くなってしまったが、そろそろ本題へ。先にお断りをしておくと、テーマ:楽曲なんて大それた設定をしてしまったのだが、音楽の専門的な知識は一切ないので歌詞世界とかメンバーの歌い方とかのふわっとした私見になってしまうと思う。ただ、楽器演奏や歌唱についてはそこそこの経験があるのでその辺りは言及できるといいな、、、。

 

それでは、”NEWS楽曲ほめ”、スタート!

 

Smile Maker [color(2008)収録]

今 歩いてる個々の道で一度もつまずかない人はいない

「これは乗り越える為の壁なんだ」

そう思えば夢に近づける気がして

笑え 苦しい時こそ 辛い数だけ笑顔見せてよ

ここをピックアップすると何かに向かって努力している前向きな状況を思い浮かべてしまうかもしれないが、私の場合実は真逆で、体調がすこぶる悪かった時に助けてもらった歌になる。この頃どうやら身体の曲がり角だったらしく、明確な病名はないものの兎に角身体が辛くてその連鎖で精神的にも相当参っていた。精神的に辛いともう笑うこともしんどくなってしまう。そんな時に「笑え!」って歌われて、そんな無茶なと思いつつも毎日聞いて元気をもらっていた。病は気からって言うけれど、辛いと思った時でも無理して笑っていれば気持ちが軽くなっていく。日によって症状が一進一退を繰り返している時も、テゴちゃんに「これは乗り越える為の壁なんだ」って優しく歌ってもらえてなんとか乗り越えた。いや、やけに大げさな感じになっているけれど渦中にいる時は必死なんだよね~。今じゃこの歌は意図して聴くことはまずないんだけど、私を助けてくれた大切な1曲だ。

 

メガロマニア [チュムチュム(2015)初回盤B収録]

実はこのB盤、私は予約をしておらずフラゲ日に買えば良いか~と思っていた。でも初オンエアが確かKラジでそれが嵐の(曲名忘れた)に似ていると話題になって聴いてみたら曲調がドストライク!慌てて予約しようとしたけれど時既に遅しで売り切れ、フラゲ日に定時退社して買いに行ったという経緯がある。予め聴いていたのはサビ部分だけだったのだが購入して通して聴いた結果、曲調に加えて、歌詞世界、歌割り共に、2015年最高の一曲だと思っている。

(2番)

Feel like a...

ほら この手を掴んで

Feel like a...

行こう 共に扉あけて

新しい世界へ君を連れて行くよ BRAND NEW WOLRD

全てを脱ぎ捨てておいで Yeah Yeah Yeah

本能のまま求めてさあ 触れてごらん BRAND NEW WOLRD

今夜生まれ変わるように Yeah Yeah Yeah

Come on 僕についておいで 後悔なんてさせないから

Come on 君に見せたいのさ 未だ見た事もない様な BRAND NEW WOLRD

「 Feel like a...」のaの後にhaがついてセクシーさが滲み出る慶ちゃん

「ほら」は軽やかに「行こう」は力強く、まるで話しかけているようなテゴちゃん

「おいで」音が低くてザラついていて説得力のあるシゲ

(Yeah Yeah Yeahがちょっと走っちゃうところも愛おしい)

「今夜」のyaのaの母音が少し薄くて広がりがあるこちらもセクシーまっすー

同じセクシーさでも、慶ちゃんには女性性、まっすーには男性性を感じる。

あまり理屈付けると素直に楽しめなくなっちゃうけれど、この歌割りはそれぞれにとても合っていて、考えた人天才だなーって。

あとは、「Come on 」以降の歌詞。「メガロマニア」―megalomania―は遺伝子の進化がどうとか本人たちが語っていたかと思うけど(うろ覚え)、意訳的に「野心」だなんて良いじゃない!NEWSに付いていったら後悔しないし、まだ見た事もないようなBLAND NEW WOLRD=「てっぺん」に連れて行ってくれるって、もう暗喩ですらなくファンに言ってくれているって凄いよなあ。ファン冥利に尽きると言うか。

あとまあ蛇足だけど、シゲに「全てを脱ぎ捨てておいで」って言われたらそりゃ行くわ~って毎日思ってる(笑)

私としては、NEWSの楽曲を楽しむ為のすべての要素が入ったこの1曲、超超おススメ!!

 

続きまして、私の各人お気に入りソロ曲! 

ロメオ2015小山慶一郎)[White(2015)収録]

歌詞のセンテンスが短いより長い方が、湿度があって伸びやかな歌声に合っている。

メンバーの誰かが言っていた、高音を出す時に喉が締まる状態の音が切なくて、質感が艶やかになる。この曲の歌詞は男性目線だけれど、どことなく感じる女々しさが慶ちゃんの女性系セクシーさにマッチしてて、悲恋系の歌、向いてるんじゃないかな。あと個人的にはラテン調の楽曲が好きなので、主様が公開してくださったソートを使った結果、ロメオ2015が私的NEWS楽曲大賞2015で堂々5位になりました(笑)

 

Remedy(増田貴久)[NEWS(2013)初回B盤収録]

正直、初聴きの時点では全くピンとこなかった。ところが後に入手したアニバーサリーコンDVDを観て衝撃!この楽曲はダンスとのパフォーマンスで完成度120%になるんだね。まっすーの世界観炸裂!!今まで気にしたことはなかったのだけれど、まっすー、かなりダンス上手いね?こちらもアニバコンのBE  FUNKY!の後奏でカメラに抜かれていた時のダンスが、可動域ギリギリのダイナミックな振りなのに拍にはキッチリ合っていて気持ち良い。音に動きがカッチリハマる感。

歌唱は、曲中で歌い方を変えている。イントロは息の抜きが多い音の密度を少し薄くして揺蕩う感じ、大サビ(正確にはサビは無いそうだけれど)は密度をぐっと上げた音の球が歯切れよく飛んでくる感じ。低音の印象だけれど、あの音域もよく響く。ラップは声色がぐっと渋め。ちなみにあまりにも英語の発音が良いので、"adrenaline"が”ジョレナイ”に聞こえて何だソレはと悩んだ記憶がある(笑)

 

Addict手越祐也)[チャンカパーナ(2012)初回盤S]

歌詞自体が若干ネタ化されてはいるけれど(笑)。これもDVDを観て驚いた。生歌なの!?”ダンスやフォーメーションに力を入れているから歌唱はカブセか口パクです”なんて風潮がアイドル界隈では普通に見られる今日だけれど、テゴにはそんな理屈通用しないんだね。全力で歌って全力で踊る。あれだけガッツリ踊りながら、あのハイトーンボイスで音程も外さず歌いきるんだから、本当に凄い。喉が強いのも彼の強みではあるから、誰にでも真似できるものではないことは分かっているけどね。でも歌番組での生歌率の高さがNEWS担である私の誇りだから!

テゴの声には不純物が少ない。声を図にするなら、直角二等辺三角形の先をどこまでも伸ばした感じ。TOP OF THE WORLDのイントロなんか大好き。私はこの歌声が、すべての歌手の中で一番好きで一番正しいと思っている。私がNEWSにオチた年はライブもアルバムもなくてシングルすら1枚で、正直何度もJUMP一本にしようかって考えたけど、それでもテゴの声を聴く度に、NEWSに連れ戻されるんだよね。確かファンが浮気したらどうするかという問いにテゴは「髪の毛掴んで引き戻す」って答えたと思うのだけれど、そんなことしなくても、あなたは声で私を離さないんだよって。

何か気持ちの悪いポエムになってきたし、Addict関係ない感じになってしまっている、、、。けれど乱暴は言い方をすれば、テゴについては楽曲はあまり関係なくて声がテゴならすべて良しみたいなところがある、という超絶私見(笑)

 

ヴァンパイアはかく語りき加藤シゲアキ)[チャンカパーナ(2012)初回盤E収録]

何か小難しいこと言ってんなあ、が初聴きの印象。確かこういう世界観に興味があるとかで書いた歌詞だったはず。ヴァンパイアについてこんなに語った人、J-Pop歌手ではいないんじゃないかなぁ。まあでも単にそのものを歌った風でいてその実、何か隠されているんじゃないのかな、と思う訳ですよ。先生ですから。したらばやはり、ヴァンパイア=シゲアキが浮かぶ。

ヴァンパイア らしく生きれるほど簡単じゃない

悪魔だけの世界さ turn it up

渇いた 身体を君の血で満たして I wanna love u but bite u

濡れた首に 牙立てて Give me your blood

ヴァンパイア=シゲアキ

悪魔だけの世界=世間

君=ファン

丁度NEWSが4人体制になった時の歌、この世界を進んで行くのにファンの血=エールを渇望していたんだね。とまあファンなら誰しもがたどり着いたであろう考察を今更した訳ですが(笑)

歌唱は、ラップが多くてシゲの得意分野だな、と。最近はファルセットを効かせた曲が続いたけれど、私は断然地声派。メンバーからは”しゃがれ”ってイジられちゃうけど、こやてごは高いし、まっすーは低いけど音がまろいから、シゲのザラザラ感はNEWSの楽曲の色のグラデーションをかなり広げていると思う。

バッキングもブラスサウンドが効いていてシャープな印象。効果音でお化け屋敷感。これは作編曲の中西先生に因るところも大きいだろうけど、シゲの楽曲は洗練されてて、要はオシャレ。あと顔が好き。(真顔)

 

 

取り留めなくだらだらとover4600字。しかもソロセクションになってからシゲ以外の楽曲の歌詞には触れてもいない(笑)

もっと沢山の楽曲に触れたかったけれどタイムリミットが来てしまったー。

仕方がないので強引にまとめちゃうけど、結局、NEWS最高!!